バックアップってなに

page name

本当に便利なの? クラウドバックアップ、基本の「き」

「クラウド」という単語や、「クラウドバックアップ」という用語を聞いたことがある人は多いと思います。しかし案外、その言葉の意味をちゃんと知っているという人は少ないのではないでしょうか。

近頃はWebを中心にメディアでもクラウドの重要性やクラウドバックアップの利便性を取り上げるケースが増えてきていますが、果たして本当にそれほど便利なの?と疑問に思うこともあるのでは?そもそもバックアップには「何かと面倒」だというイメージもありますし、クラウドという言葉の意味も少し分かりづらい印象があります。

ここではそんなクラウドとクラウドバックアップに関する疑問にお答えします。

「クラウド」って何のこと?

そもそも「クラウド」とはいったい何のことなのでしょうか。実は、「クラウド」という言葉が指す基本的な概念はとてもシンプル。それは、「データをインターネット上に預ける」というもの。従来のワークスタイルでは作成したデータをすべてローカル環境にのみ保存していましたが、クラウドでは諸々のデータをローカルのみならず、インターネット上のサーバーにも預けることになります。
technology-desc-1

データをインターネット上に預けることにより、主に以下の3つのメリットが生まれます。

1. データが離れた場所に保存されるため、消失のリスクが下がる
2. インターネットを通じてどこからでもデータにアクセスできるため、場所に縛られなくなる
3. バックアップが自動的に行われるため、手間がかからなくなる

クラウドバックアップはこんなに簡単!

クラウドとは「データをインターネット上に預ける」こと。ですからクラウドバックアップとは「バックアップの保存先をインターネット上のサーバーにする」ということになります。

クラウドバックアップに切り替えることのメリットは、先述の3つのポイントに集約されます。そして3点目で挙げたように、クラウドバックアップの最大の魅力はその便利さ、簡単さです。

クラウドバックアップを使えば、もはや自社で色々と細かい設定をしたり、多くのコストや人員をかけて保守作業を行ったりする必要がありません。最初に簡単な初期設定だけ行ってしまえば、その後は大切なファイルをほぼ自動でバックアップ。データの保存や管理が格段に便利に! 技術も進化してきた今、クラウドバックアップの導入をためらう理由は少なくなってきていると言えるでしょう。

使えるねっとでも、クラウドの恩恵をフルに受けられる次世代クラウドサービス「使えるクラウド」をご提供しています。使えるクラウドなら面倒なサーバー設定もたったの20秒で完了です。ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
  • 簡単
    バックライトはボタンを押すだけ、たった3ステップのシンプルな操作で自動的にバックアップ。
    最速
    データ復元時のファイル数や速度の制限がありません。
    安心
    弊社が所有および管理しているデータセンターには、24時間有人監視システムを導入し、さらにISO27001(情報セキュリティ認定)取得した環境下でお客様のデータが転送されます。
  • まるごとイメージバックアップ

    バックライトはすべてのアプリ、ファイル、ユーザーアカウント、各種設定、さらにはOSを含むシステムイメージ全体を一気にバックアップします。通常のファイルバックアップでは、新しいマシーンにOSをインストールしたうえ、必要なアプリケーションの再インストールが完了してからようやく再度ファイルのバックアップが可能となります。バックライトは完全なイメージバックアップなので、どのデバイスにでも設定なしで全てのデータを復元する事が可能です。

    もっと読む